病気の改善には注射も併用

飲むだけでわかる!馬プラセンタサプリの効果

病気の改善には注射も併用

プラセンタサプリメントのおもな効果は美肌作用で、持病がある方が健康効果を高めるためには、プラセンタサプリメントだけでは限界が来る可能性があります。そんな方は、プラセンタ注射と組み合わせてみると良いでしょう。

 

■ 注射の持続力は2〜3日
医療現場で使われているプラセンタ注射は、2〜3日しか効果が持続できません。3日ごとに注射を打ちに行けばよいのでしょうが、費用もかかりますし、その時間を取れる人は少ないはずです。そこで注射を打つ間にプラセンタサプリメントを活用する方法があります。

 

■ 注射は2週間に1回
時間も費用もかけたく無いという方は、プラセンタ注射を2週間に1回ほど利用しながら、プラセンタサプリメントは毎日服用してみましょう。プラセンタ注射は1回あたり1,000円〜2,000円程度の費用がかかるところが多く、2週間に1回なら費用の負担もありません。その間プラセンタサプリメントを飲んでおけば、効果を持続しやすくなります。

 

■ 継続することが大切
プラセンタサプリメントやプラセンタ注射は、どちらも続けないと意味がありません。何年も医療機関に通うのが大変な方は、効果が出てきたところで、プラセンタサプリメント1つに絞るのもよいかもしれません。

ホーム RSS購読 サイトマップ